働く女性応援宣言!!

優秀な女性の才能が埋もれている可能性がある。それは、沖縄にとって、日本にとって大きな損失だと考えています。

堀下社会保険労務士事務所は、なんとか優秀な女性の才能を埋もれさせないようにできないかと職場環境の向上に努めていきます。

まずは、その第一弾として、「働く女性応援宣言!!」を宣誓します。

働く女性に関するQ&A

育児休業を取得することはできますか?

取得可能です。制度として存在させるだけでなく、実質的にキャリアの継続が可能になるように事務所として環境を整えていきます。

育児休業は子どもが何歳まで取得することができますか?

堀下社会保険労務士事務所での勤続が1年以上の場合、1歳まで可能です。保育園が見つからない場合には、1歳6か月までです。

育児休業を取得することが、
復帰後の待遇に不利になることはありますか?

ありません。キャリアの継続が図れるように事務所の環境の整備に努めます。家庭の事情によりますが、本人の希望がある場合、事務所の行事に参加したり、法改正情報の勉強等にも参加することが可能です。

子どもの突然の病気などの場合、急に休みをとることはできますか?

可能です。始業前までに連絡してください。堀下社会保険労務士事務所では、チームにより業務運営を行っております。子供のみならず本人が病気になる可能性もあります。個人プレーではなく、チームワークを重視した組織です。

子どもの突然の病気の際は、自分しか面倒をみられる人がいません。
そのような状況でも働くことはできますか?

可能です。堀下社会保険労務士事務所はチームで運営しています。チームのメンバーで助け合いながら仕事をしています。常に突発事態に備える組織運営を行っています。当然、まだまだ完璧でない部分もたくさんあります。しかし、これまでもいくどとなく乗り越えてきました。どんな状況にも堀下社会保険労務士事務所は対応できると考えています。

育児休業や看護休暇を取得しやすくなるような仕組みはありますか?

あります。

堀下社会保険労務士事務所では、1つのクライアントに対して、2名以上の複数で担当をしています。
したがって、育児休業や看護休暇もスムーズに取得することが可能です。

いろいろと制限がある中で、
休業前と同じような業務を担当することは可能ですか?

可能です。ただし、私たちはお客様にプロフェッショナルサービスを提供しています。様々な職場復帰プログラムを実行することにより、キャリアの継続を図り、優秀な働く女性を応援したいと考えています。

子どもが小さい時期は、残業をしないことは可能ですか?

可能です。様々な働き方が可能になる組織運営を目指しています。

出社時間を遅くすることや、帰社時間を早めることは
可能ですか?

可能です。様々な働き方が可能になる組織運営を目指しています。